白い粉

先日、岡山へ行きました~。
短大の時の先生、友人、後輩と会食しました。
僕の母校である短大は、あと2年くらいで、なくなります。
その代わり、4年生大学に新しい学科が出来るそうです。
いや~、悲しいけど、新たな学科は他にあまりない学科なので楽しみでもありますな。

そんで、ご飯を食べた後歩道を歩いていると、なんか白い粉の入ったビニール袋が・・・。
自分「先生、コレって・・・。」
先生「そやな。。触らんとこう・・・。」
友人「ホンマですか~?」
と、友人が袋をつまみあげてしまった。
そこで、すかさず自分が、指紋ついたらヤバくない?と言うと、
みんな焦る焦る。
そこで正直に交番へ。
警察官1「ありゃ~。これ、ホンマもんやったらえらいことやで。。」
警察官2「こんだけあったら、ウン千万やで。。」
固まる自分たち。
警察官の一人が舐めてみる。
緊張の一瞬。
「・・・塩やな。」
腰砕けの自分たち。
なんじゃそりゃ~。なんで塩をビニール袋に入れとくかな~。
いや、でも塩でよかったわ~。

そして、その後、喫茶店「ぴいぷる」に。
なかなか感じの良い店。ご主人と奥さんのかけあいがなかなかよく、ゆっくりと良い時間をすごすことができました。

また、帰りの電車では、高校卒業以来の友人とばったり出会ったりと、本当にオモロイ一日でした。
[PR]
by shikajun | 2005-12-31 16:15 | Kagawa