夏の思い出

今日は、夏の思い出話を1つ。

アメリカに帰ってくる前、1泊2日で友人達と鹿児島に行ってきました。
えびの高原、温泉、桜島、鹿児島市内、仙厳園と満足のいく旅行でした。

b0001044_15413212.jpg

b0001044_15414527.jpg

b0001044_15415717.jpg



ただひとつの事件を除いて・・・。




自分達は、とある温泉に行ったのですがそこで事件は起きました。
事件といえば大袈裟かもしれませんが。

そこは、泥湯で有名な温泉で、自分達が来た日の前日には元スピードの上原たかこさんが訪れていたそうです。
自分達も泥湯で泥パックしていました。
と、そこへ2人のおっさんが。
温泉内には自分達とおっさんだけ。
もうそこで自分はあることに気づきました。

『あ、この人たち、893さんだ。しかも、ゲイの・・・。』

なぜかって?指が何本か無いし、一人のおとなしそうなおっさんは、男性として有るべき物が無い。
怪しいのでさっさと出ようと心に決めました。
しかし、この泥湯、泥が落ちにくい。
必死に落としていると、おっさんが一言。

おっさん「君達、いい身体しているねえ。」
自分「いや~昔野球してたんで。(やべえ・・・)」

おっさん「ここの泥は落ちにくいからしっかり洗えよ!」
自分「は、はい!」

それでもなかなか落ちない泥。
近づくおっさん。

おっさん「ほらこうやるんだよ~!」
と、自分の背中からケツまで優しく撫でて洗い流してくれました。

この瞬間、確信しました。
やっぱりゲイだ!と。
別に、今までゲイの方を偏見したこともないし、自分はゲイフォビアでもない。
でも、でも!狙われている可能性があり、しかも裸同士、相手は893さん、となるとそれは無理な話なわけで。

急いで温泉からでて、更衣室に行きました。
すると、おっさんらもあがってきたではありませんか。
そこで、おっさんが一言。

おっさん「お前、いいケツしてるな!」

そんな褒め言葉、うれしくない・・・。

自分「トレーニングしてますから!」

と言って、そそくさとロビーのほうに向かいました。

一方、残された友人達はというと、おっさん達と仲良くなって色々と話込んでいた様子。
帰り際、おっさん達に彼(自分)はどこに行ったんだ?と聞かれ、わざわざロビーに避難していた自分を呼びにきてくれました。

そして最後におっさんと握手。
「まっすぐ生きろよ!」と励ましてくれました。
鹿児島に来たときは連絡してくれとも。有名人らしいですわ。いや、湯名人なのかな・・・。

ほんまええ思い出になりました。
ま、あくまでこれは自分の予想なので、間違っていればいいのですが。
でも知らんおっさんにケツを触られたり褒められたりされるってことは・・・やっぱり彼らはそういう人だったのかな~なんて思います。

ちなみに友人達は、まったく気づいてなかった様子です。
後で、びっくりしてました。

今度鹿児島行く時は、もう温泉はいいかな・・・。
[PR]
by shikajun | 2007-09-01 16:35 | Kagawa