カテゴリ:Arizona 2009( 13 )

メリークリスマス!
と、街ではそんな挨拶が交わされています。

気付けばもう年末なんですね。
今年ほど慌しい年はなかったでしょう。
精神的にも落ち着きがなかったのかもしれません。
もしかしたらアリゾナが暖かいので気付かなかっただけなのかも。
小学生の意地の張り合いではないですが、今日も半袖半パンで快適に過ごせました。

さてさて、街のクリスマス気分はよそに、今日は一人で荷造りをしていました。

そうなんです。私、完全帰国いたします。
ついにこの日が来たかという感じです。
明日のフライトでアメリカとはしばらくお別れです。

5年半のアメリカでの生活でしたが、様々な人に出会い、色々なことを経験しました。
当初はアスレティックトレーニングを学ぶという目的しかなかったのに。

まだまだ通過点。息切れなんかしてられません。
ゴールなんて無いから、前に進み続けるしかないんです。

日本に帰ってダラダラしてしまいそうなので、皆さん叱咤激励してください!

それではアメリカの皆さん、また今度会う日まで。
日本の皆さん、これからお世話になります。
[PR]
アリゾナに帰ってきました。
ステータスは観光ビザです。
入国審査はさすがに緊張しました。
緊張した甲斐もなく、あっという間に入国できましたが。

1週間、日本ではバタバタとしていました。まさに師走。
しかし、うどんも食べることができたし、最近できた餃子の王将にも行けたので大満足です。

なにより、1年ぶりに家族に会えたのが一番うれしかったです。
真ん中の弟は大阪にいるので、さすがに帰省できませんでしたが、いつか家族が勢ぞろいできたらええなぁと思いました。

また、交通事故に遭遇してトレーナー活動もしました。
いくら師走といえども、ドライバーの方は安全運転を心がけてください。

暖冬と言われていた日本もさすがに寒くなってきたようですね。
飲み会シーズンですし、体調管理には気をつけてください。

ちなみに、アリゾナはぽっかぽかで、まだまだ短パンでいけます。
[PR]
アリゾナに来て初めてT-Storm Warningがでました。
でも、Hailなど降らないので余裕です。
グランドキャニオンやフラッグスタッフでは大分積雪があったようです。

そんな大荒れの中、急遽日本に帰ることになりました。
そしてすぐに戻ってきます。
OPTがなくなるので、今度来るときは観光ビザでの入国になります。

うどん屋でみかけたら是非声をかけてください。
では。
[PR]
先日行ってきた旅の写真です。
b0001044_638341.jpg

アメリカに来て初めて太平洋を拝むことが出来ました。
この海のむこう側に日本があるのかと思いつつ、夕日をみていたらぐっときました。
夕日が沈むのも綺麗なんですが、自分は沈んだ後が大好きなんです。
b0001044_6402246.jpg

波が引いた後の浜辺は鏡のように夕焼けを写し、この世の風景ではない感じがしました。

初日は移民の街でもあるリトルトーキョーに行ってカレーをいただきました。
ハウスのカレーおいしかったです。

2日目は、ヨセミテへ。
b0001044_641551.jpg

雨の予報だったのですが、夜には吹雪になり山中で遭難しかけました。

翌日は快晴で、雪をかぶったハーフドームをみることができました。
b0001044_6413097.jpg

冬のヨセミテ、良かったです。枯れているだろうと予想していた滝からも水が流れ落ちていてラッキーでした。

サンフランシスコにも行きました。
一番の目的は、先ほどの夕日だったのですが、地元の瀬戸大橋のモデルとなったゴールデンゲートブリッジを見ずに帰ることはできん!ということでみてきました!
b0001044_6415730.jpg

霧が多いサンフランシスコですが、日ごろの行いが良かったんでしょうか?見事に快晴でした。
橋の向こう側にある坂出市と姉妹都市のサウサリート市もみることができました。

香川の人しか解りませんが、ホンモノのフィッシャーマンズワーフにも行けました。
b0001044_644425.jpg

魚介類大好きな人にはたまらないんでしょうね!甲殻類アレルギーの方にとっては地獄です。

いろいろ見て、感じて、食べて、お腹一杯の旅でした。
最後は、デザートとしてオークリーの本社にも行ってきました。
b0001044_6454380.jpg

これはオークリー好きにはたまらないでしょうね。
中にはショップもあり、サングラスは全て揃っていました。

本当に有意義な旅でした!
[PR]
旅に出てきます。

モヤモヤをふっ飛ばしてきます。

皆さん、よいサンクスギビングを。

くれぐれもターキーアレルギーには気をつけて!!
b0001044_9163718.jpg

[PR]
先週末は赤十字のProfessional Recuerの講習会へ行ってきました。
大学に在学中は、ATEPで集まって気軽に更新できとったんですが、もう卒業した身。
今回は、事前に予約してから片道一時間ほどをドライブして受講してきました。
場所は赤十字社ではなく、赤十字に部屋を貸している医療関係の会社内でありました。

時間に余裕をもって出発したのもあり、朝早かったので誰もいませんでした。
講義の時間になり、集まった受講者は結局6人。
しかし、もっと驚いたのは肝心の指導者が来る様子がないのです・・・

事前に送られてきた手紙には、遅れたら駄目ですよ!ってのが大きく書いてあったのに・・・まさか指導教官が遅れるとは。
隙間時間ができたので、バッグにいれていた『不毛地帯』を読んでいると、他の受講生が痺れをきらし本部に電話をかけだしました。しかし、誰も電話にでない。何度もかけなおしてもでない。
予定時間より30分経過した時点で、なんと生徒の一人は怒って帰っていきました。

そのうち本部と電話がつながり、教官はコチラへ向かっている様子が伝えられ一安心。

自分は本を読んでいたので苦痛ではなかったですが、他の人はかなり頭にきていたようです。

予定時間より45分遅れで、教官到着。
本部から違うアドレスを教えられていたそうです。
本部の対応が適当すぎて、呆れました。
こっちは気合いを入れて受講に来ているのに。

結局、受講者は5人だったので昼食時間をとらずに講習は一気に進み、予定終了時間の4時半よりも劇的に早い2時にはテストも終わってしまいました。

今回は、夏のインターン中に実際にAEDを使った後ということもあり、今までよりもリアルにイメージできて良い復習することができました。そういう機会は少ない方が良いに決まってますが、もしもの時に的確な行動がとれないと命に関わりますからね。

ATにとって、色々な引き出しを増やすことは大事ですが、迅速かつ的確にFirst AidやCPR/AEDを実践できるようになることが一番大事なんだろうと思います。

日々勉強あるのみです!
[PR]
いつだったか、夏にワシントン州でいたときに購入はしてたんやけど、落ち着くまでとず~っと放置していたNASM Corrective Exercise Specialistのコースを2週間かかってやり遂げました。
テストも無事にパスしました!
もう少し深いところ、エクササイズが知りたかったですが、内容的には満足しています。
これでATCとCSCSのCEUももらえ、3度おいしい。

時間が無くて、選手の痛みにだけアプローチしている方々を大学在学中は良く見てきましたが、やっぱり一人ずつ時間をとってこういうアプローチをしなくちゃいかんと思います。木を見て森を見ずとは、この世界でよく聞きますが、本当にそうだな~と勉強しながら感じました。

大事なのはそう思っていることを行動に移すこと。
今は、その場(職)を探している段階ですが、自分が働くときにはぜひ取り入れたいと思います。
[PR]
サブウェイにて、

この前、レジの人にIDを見せてくださいといわれ、運転免許証を見せると、すごい驚いた顔で、
「これどこの運転免許証ですか!?」と、(アメリカは州によってデザインが違うので)

いやいや、オクラホマって書いてあるやん!と思って伝えようとしたら・・・

「デラウェアですか!すごいですね~!」と、

え!?
なんでそうなるん?
と思ってオクラホマですよと伝えると、

「だってここにDLって書いてるじゃないですか!」と『DL』って書かれた場所を指差して反論されました。

惜しい。
DLはDriver's Licenseの略なんやけどな~。
デラウェアの略は『DE』やし!!
[PR]
11月になり、アリゾナはいい季節になってきました。
この時期に半袖半パンで過ごせるのは非常に気持ちがいいです。
紫外線は相変わらず強いので、よくサンダルを履いていると、素足にも関わらず、靴下を脱ぎなさい。と皆に言われます。

新しく引っ越した家は大丈夫です。
ただ、コミュニティー内にあるWiFiに接続しようと無線ランをONにするとパソコンが真っ青になるというトラブルにあいました。ただ家以外で接続すると大丈夫なので、なんとかパソコンも復活しました。よかった~。

あと、先日まで住んでいた家で御用になった人がでたそうです。
もし自分がまだ家に居て、警察に他の人と同様まともじゃないと疑われたかも・・・と思うとゾッとします。
一体自分はどんだけヤバイところに住んでいたのか実感しました。

先日の親父野球での出来事・・・
チームはアメリカ領のヴァージンアイランドから遠路遥遥来ていました。
ストレッチしていたら、『俺はゴムのようにしなやかな肩を持つ男だ!アイシングなんていままでしたことない』
と語るおじさんがいたので、話を聞いていると・・・

ドジャースなどいくつかのMLB球団で打撃練習の投手をやっていたらしく、とにかくいくらでも投げれるそうです。
9時間でどれだけ投げられるかという記録会があったらしく、9時間で7268球投げ、記録を作ったそうです。

そんな彼のニックネームはMr.7000

彼の最終目標は9時間で10000球投げること。(球を拾うのが大変そうですね。)

で、試合前には2試合完投するぜ!などと言っていたおじさんですが、試合内容は一試合目の2イニングを投げたところでKOされました。とにかく打ち込まれました。

いくらでもBPで打ちやすい球を投げられる=バッターを打ち取ることなど考えたことが無い

完全に監督の采配ミスですね。
試合前は自慢話をみんなにし、自分のことが書かれたアーティクルをみんなに配っていたほどの元気があったのに、KO後はベンチでおとなし~くしていました。
おやじ頑張れ!!
[PR]
お久しぶりです。

最近は、全米から集まってくるおじちゃん野球大会のお手伝いをしていました。
60歳くらいのおじちゃん。70歳近いおじいちゃんも硬式野球をしています。
4日間で8試合くらいこなしていました。本当に野球すきなんでしょうね。
カバーしてたチームはNYから来たチーム。
年齢でリーグが分かれていて、一番若いのは25歳以上のチーム。
一番上は55歳以上。
あと、親父息子混合チームのリーグもありました。
親父息子チームのカバーもしましたが、感動しました。

たぶん、息子と一緒に野球の試合ができるってのは、多くの野球大好き親父の夢だと思うんです。
ミスしてキレている息子を親父がハグして励ましてたり、違う親父が違う息子にスイングを教えてたり。
いい経験ができたと同時に、いつか自分も親父と野球したいな。なんて思いました。
日本じゃあまりないですからね。大きくなった息子と親父が硬式野球をするってのは。

NYから来た彼らにとって本当にいい思い出になったでしょうね。

話は変わって、ハロウィーンの本日、新しい家に引越しました。
多分大丈夫・・・と言って引越ししたのが3週間前。

結局無理でした。アメリカに来て初めて、身の危険を感じました。

タバコで煙い家、自分と他のルームメイトの財布からはお金が何度も盗まれ、大家のおばちゃんはアル中で、その彼氏に至っては一日中Druggy。

一回、警察も家に呼ばれましたからね。。

新しい月の家賃を払う前に新しい所へ越したということです。
いや~精神的にも非常にタフになりました。
あの家は確実に負のオーラがでていました。

新しいところは・・・たぶん大丈夫。

それではまた。
[PR]